2005年09月29日

映画 シンデレラマン

 映画 「シンデレラマン」を観てきましたぁ♪最高でした!!

実話でもあり、童話のような夢や希望が満載で、本当に、涙あり笑いあり歯を食いしばる場面ありと、どんな角度からも満足させてくれる作品でした。

sindereraman.jpg


 大恐慌の時代の人々の生活の貧しさが鮮明に描かれ、その中に」ありながら、正義を通すことをしっかり子供に伝える父親のすがたに感動感動!感動の嵐でした。

特に、涙が止まらなかったのは、電気代が払えず、ついに子供を手放す決心をするしかなく、それでも、「絶対にみんな一緒だ」と子供に約束した言葉を守るため、かつての栄光もプライドもかなぐり捨てて、電気代の援助(めぐみ)を求めるジム・ブラドッグ(ラッセル・クロウ)の必死の姿。。。妻や子供を守るため、男はこうあってほしいものです。。。(願望?)

 レネー・ゼルウィガーは、どんな役でもこなせるんだなぁとまた新たに感動しました。「ブリジットジョーンズ・・」では、はじけた中年をうまく演じ、今回はひたすら夫を愛し心配するけなげな妻をよく演じていると思います。

 ブラドッグに夢を託し、貧困のなかに希望を見出そうとした人々。。その中でも、家具を売り払い再起を一番望んだポール・ジアマテック。男のロマンを寛大に見守る二人の妻の姿もとっても感動的です。高級なアパートメントのがらんどうの部屋での夢を託しながらお茶を飲む彼らの姿はとても印象的で、なんともいえない場面でした。

sindereraman2.jpg


 ブラドッグの戦い続ける姿・・しかも死闘で・・貧困も大きな武器となり、その背景も重く深く。。。
シンデレラストーリーの中年男版ってどうなのかな?と思っていたけど、そんな危惧はどこへやら・・ほんとうに感動のうちに2時間24分が終わりました。

お勧めの一本です!
posted by hito at 00:00| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

かわいい四月の雪

sigatunoyuki.jpg

映画「四月の雪」を観に行ってきました。。涙涙・・かと思いきや・・・ストーリーを最初から知りすぎていて、なんか、気抜けーーー。ヨン様ファンのみなさま・・ごめんなさい。
今回の作品はちょっとやっぱりヨン様をキレイに見せ過ぎ!いい人にしすぎっ!
胸キュンを狙って綺麗過ぎて、ちょっと、ストーリー的にも無理がありすぎです。
もっと、ドロドロしてほしかった。。。どこもが、中途半端に終わってしまった気がします。

私は、「スキャンダル」のほうが断然好きでした。
もっと、人間味臭いほうが、ヨン様の良さが出るのでは????




posted by hito at 22:00| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

かわいい『チャーリーとチョコレート工場』

 
 映画『チャーリーとチョコレート工場』


 なんと言っても、ジョニー・デップ主演だから!!・・それだけで、ファンタジックなお子ちゃま向けっぽい作品を観に行くことに、なんらためらいはありませんでした・・・はいっわーい(嬉しい顔)   
 
 『シザーハンズ』を観てから、ジョニーのファンになりました。ブラピ様は別格だけど、ジョニもいいですねぇ。。  ゴシック・ホラー・ミステリーの『スリーピー・ホロウ』もすごく良かったし、『ネバーランド』も最高だった。今回も奇才ティム・バートン監督とのゴールデンコンビだったので、期待度大で行ってきましたよー。

 原作は「チョコレート工場の秘密」(ロアルド・ダール著)。全世界で1300万部を売り上げるベストセラーです。この作品を読んではいないけど、かなり毒気を持った作品らしい。。。またまた、そんな毒気を彼らがどんな風に色付けするか楽しみ〜〜。

 巨大なチョコレート工場のオーナー、ウィリー・ウォンカ(ジョニー)が、自社のチョコレートに黄金のチケット5枚を入れ、それを当てた5組の親子を工場に招待するというストーリー。この5組の子供と家族のほんとに対照的で独特なこと。。よくこれだけ毒気のある子ども達を集められたものだと思う。・・というより、彼らの演技力が素晴らしいのか。。子供ながらに、あのアクの強さは、この頃入籍した安達祐実よりもすごいかも。。

 工場の中では、摩訶不思議な世界が彼らを待ち受ける・・まるで、ディズニーランドの「スモールワールド」の世界そのものだった。色彩感覚は、それよりも研ぎ澄まされているかも。

 貧しいけれども一番の幸せを知っているチャーリー少年(フレディ)には不覚にも泣かされてしまいましたぁ。
このチャーリー少年より、うんと子供っぽく見えた大人になりきれないウィリー。きっと、二人が演技力抜群だからだね。

 シリアスな役から、コミカルな役までこなせるジョニにマイリマシタァ〜〜〜。

cyaarytocyoco.jpg

『チャーリーとチョコレート工場』


ティム・バートン 監督/ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ヘレナ・ボナム=カーター、デヴィッド・ケリー、ディープ・ロイ、クリストファー・リー
posted by hito at 21:11| 熊本 ☁| Comment(5) | TrackBack(4) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

かわいい「Be Cool/ビー・クール」

 
 映画:「Be Cool/ビー・クール」を観てきました。

 内容は、アメリカの音楽界の裏事情を織り込んだ、スターを作り上げるプロでユーサー(トタボルタ)のストーリー。人種問題もウィットに富んでさらりとこなしていたと思います。
ユマ・サーマンはキルビルのときとまた違う、美貌をうまく魅せる演技がとても素敵でした。(見習いたいなぁと思い真剣に見ました。(・))

BeCool.jpg

トラボルタとユア・サーマンのダンス

二人ともすっごくお色気があって素敵ですよねぇ〜〜。
目指すゾォ〜〜〜(オイオイあせあせ(飛び散る汗)


 ・優人はとっても豪華です。エアロスミスのスティーブン・タイラーの出演はロック好きの人には、たまらないかも。。大きなスクリーンでは、ちょっと年齢を感じさせてしいますが、存在感の大きさはやっぱり、「スター」だぁ!と感心します。

BeCool2.jpg

こんな共演がっ!!!


 クリスティーナ・ミリアンはエアロスミスとのライブでの共演もよかったけど、ピアノを弾きながらのバラードがすごく素晴らしかったです。

人によって好き嫌いのある映画だと思います。。。
私には、ストーリーが物足りませんでしたが。。。
posted by hito at 18:04| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(13) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

かわいい映画 「NANA‐ナナ」

 「NANA」映画を観てきました。セカチューを越える映画だと連日のように宣伝されてますね。矢沢あいさんの原作は有名で、小学生から20代前半くらいまでの人たちはみんな愛読者だといわれます。
 
 中島美嘉演じる大崎ナナと宮崎あおい演じる小松奈々のキャラの違いがとてもいい味をかもし出していたと思いました。ストーリーは歌で成功したい夢を抱えて東京へやってきたナナと、彼氏と一緒にいたいために東京へやってきた奈々が共同生活をはじめ、タイプのまったく違う二人の恋の展開です。
 
 欲を言えば、ナナの恋人「レン」・・もっと違うキャストはいなかったの?私的にはあまり好みではなくすごく残念でした。ついでに言わせてもらえば、「シン」・・その頭で法曹界の弁護士はないでしょ。。私だったら、クライアントにはなれませんむかっ(怒り)なんだか、違うぞーー。どんな人がクライアントになるんだろ??無理ありすぎ。原作がそうなのかな?
 
 全体的には、私は好きでした。中島美嘉が好きなせいもあるんでしょうが。。
彼女自身のキャラ・・強がりの中に見せるかわいらしさや弱さがとっても好きです。
役柄的には、奈々のほうは、宮崎あおいでなくても他に似たキャラはたくさんいるけど、ナナは、中島美嘉以外にこの役はこなせないと思う(偏見でしょうか?)
 
 映画を見終わったあと、(原作者の矢沢あいさん、儲かってウハウハだろうなぁ・・)と下世話なことを考えたさみしー私でした。。ふらふら

nana.jpg

posted by hito at 12:12| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

かわいい星になった少年

 実話である!夢なかばで逝った切ない青年の物語。
母親の夢を引き継ぎたいと、主人公哲夢は、15歳でタイに渡る。象の親子愛と人間の親子愛、言葉も環境も違う地球上での人間愛、そして象(動物)と人間の愛、いろいろと考えさせられるところ多いストーリーだった。
小象ランディが哲夢との別れにそれはそれは悲しい声を上げる。そして流した涙にもらい泣きしてしまった。。

hosininatta.jpg


 この映画は、スマトラ沖地震による津波で21歳の子息を亡くしたタイのウボンラタナ王女(54)も、試写会に参加し、感動したとニュースであった。
 また、この映画は、チケット料から1人あたり20円を同被災者のための寄付金として集めていたそうだ。主役を演じた今急成長の柳楽優弥くん(15)がこの「ちび象ランディ募金」の一部を日本ユニセフ協会に贈呈したというニュースも有名だ。100万人を動員したことから、2000万円を寄付できたらしい。すごいっ!
posted by hito at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

かわいい亡国のイージス

「亡国のイージス」を観て来ました。あまり期待せずに時間つぶしにと思ってたら、なんと、ハラハラドキドキ!普段は鑑賞中は、お隣の人にも話しかけることはないのですが、思わず「面白いねぇ」と声をかけてしまいました。

一体誰が裏切り者なのか????一転二転さらにまた???次から次へ展開されていく真実。
真田広之さんが主役だったことはちょっと意外だったかなぁ。
寺尾聰さん、佐藤浩市さん、中井貴一さんらのずっしりと重みのある役をこなす人たちが、それぞれ、重要なポジションをとっていて、主役が誰なのか、途中までわまからない展開だったけど、ラストに近づくに連れて、「え〜〜??」って感じでした。

でも、面白かったです。CGも難なく見れましたし。。

シネプレックスで観て来ました。
椅子が、すべて革張りなんだよーー。いつまで、この綺麗さが保てるかなぁ?
お手入れが大変そう。。

08-25-2.jpg

携帯カメラで撮りましたぁ。


boukoku.jpg


boukoku-2.jpg


観たかった映画です手(チョキ)

08-26.jpg


誰か、ホラー大好きな方いませんかぁ?
ご一緒してくださぁいグッド(上向き矢印)div>





posted by hito at 17:39| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

かわいい皇帝ペンギン

皇帝ペンギン

癒されましたぁ〜〜〜。
ほんと、癒されすぎて???途中ちょっと睡魔と闘い・・2,3分?いや、5,6分?爆酔した人、約2名ありふらふら

koutei.gif

 ペンギンってかわいいだけじゃなく、素晴らしい子育てをするんだなぁと感心しました。
南極に一番近い国のニュージーランドで、南極体験の出来るパビリオンがあり、体験したことを思い出しました。そこでも、ペンギンのちょっとしたドキュメンタリーがあり感動しましたが、この作品はさらに奥深いところまで捕らえてました。最初は映画館内のエアコンの効きすぎで、寒くてペンギン達と同じ世界に入ったかのようでした。。
 人も住まない南極の奥地、しかもマイナス40度にもなる寒さの中で、子作り、産卵、そして子育てをする皇帝ペンギンたちの姿を追ったドキュメンタリーでした。特に父ペンギンの子育てには感動でした。
 また、全編を通じて、厳しい撮影環境であっただろう事が伝わってきます。撮影スタッフの苦労がしのばれる労作です。
posted by hito at 13:53| 熊本 ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

かわいいアイランド

1iland.jpg 1iland2.jpg


 今日は観て来た映画のお話です。予告から楽しみにしていた『アイランド』です。

 まったく新しいテーマを持ったいい作品でした。

 この作品は「アルマゲドン」で世紀末の“現在”を描き、「パールハーバー」で“歴史”の過去を刻んだマイケル・ベイ監督が、その無尽のイマジネーションをついに“未来”へと突入させた!といわれる作品です。
臓器調達のための“クローン生産”という緊迫感ある設定のもと、スタイリッシュな未来都市を舞台に展開する比類なきダイナミックアクションの展開にも十分楽しめました。

 最近のアンチエイジングの大流行を考えれば、すでに超リッチな人々の間ではすでに始まっている現実かもしれません。

ailand.jpg


クローンたちですよぉ。


 SFチックでありながら、なおかつ無垢な心をもつ純愛ドラマでもあり、近未来に起こりうる可能性を否定できない現実的な意味からも迫力のある映画でした。
 命がオーダーメイドされるなんて。確実に80年は長く生きられる。(いいかもひらめき)と邪まな考えを持ちながら観てしまいました。。。
 
 ラストのシーンでボートの上でのハッピーエンドのようだけど、では、なぜ彼には、この先の記憶があったのexclamation&question不思議!
 もしかして、次回作への伏線なのでは?と疑り深い私でした。(いや、絶対ヒットすれば続編を!と企んでるはずパンチ

 お勧めの一本ですよわーい(嬉しい顔)
posted by hito at 16:29| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

かわいいマラソン

 韓国で500万人が泣き、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領も観たとういう実話の話題作 マラソン を観ました。ハンカチが絶対必要な映画です。

marason.jpg


 巷の評では、主役のチョ・スンウの評価が高い作品です。。確かに自閉症児のしぐさ・癖・表情をよく観察し演じていて素晴らしいとは思うのだけど。。。
 しかし、私はどうしても母としての立場で観てしまうのでやはり母親役の心の動きに注目してしまうんです。 また、仕事柄障害を持って生まれた子どもの家庭をいくつか知っていた私には、この家庭が決してオーバーでなく淡々と描かれていることにいたく感動しました。私の知る限りその母親達はこの子達にとっては素晴らしい子育てのプロでした。それは、深い愛の上にこそ成り立つ、悲しみから生まれる母性の強さです。嘆き悲しみ・・そこから生まれてくる強さは、周りを圧倒する力強さを持っています。この母親役のキムミスクに彼女達がすっぽり重なっていました。
 その彼女達に何度頭が下がる思いをしたでしょう。本当にどこからこの優しさとパワーが出てくるの?と驚かされるばかりでした。
 
 また、その子周囲のご家族の複雑な胸中もよく理解できます。家族全員が母親と同じにその子に接するのは無理です。我慢することもかなりのパーセンテージを占めていることも事実。家庭崩壊につながることも否めない。この家族はまたひとつになれて、ほっとしたけど。

 
 人はみな神によって自然の摂理によって生かされていると言いますが、目が離せないこの子達には、そんな言葉はまあり通用しません。
母親、またはお世話をしてくれる人の手があってこそ生きられるのです。それは、周りを犠牲にすることにもつながってしまう。。
 
 どの母親もが言われる言葉・・「この子は私にとって宝物なんです。」そう言われるとき、彼女達は穏やかな悟りを開いたお顔になる。この映画でも母親が子育ての一歩を乗り越えたとき、まさにその同じ表情でした。
 
 そして、最後にひとつ、驚いたこと・・・韓国では「自閉症」がひとつの障害であると認められたのが1999年ということ。それまでのこの子達の家族はどんな辛い思いだったろうと思うととても気の毒です。社会との共存は絶対必要だと考えます。周囲の人の認識も福祉の手も必要なのです。障害を抱えるすべての家庭が社会を必要とするのです。
 乙武くんもそうですよね。社会の認識があるかからこそ迎えられることも多いものです。人々の認識あってこそ、迎えられることがあり輝ける場所があるんですよね。けっして、社会に断絶された施設の中でだけ生きているのでは輝けないと思います。

marason1.jpgmarason2.jpg
marason3.jpgmarason4.jpg


「みんなと変わらない!」母親の心の叫びでもあったこの言葉・・サブタイトルの「みんな誰かの一等賞」は、金子みすずの「みんなちがってみんないい」の言葉の意味とまったく同じだと思います。同じ人間は一人もいません。それぞれが主役であり、それぞれが一等賞の人生なのだと改めて考えさせられました。

 私も、私の人生の主役として、このあとどんな展開にしていこうかな・・??

・・・う゛ーーーーーガンバルジョーーーパンチパンチパンチ
posted by hito at 12:34| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

かわいい宇宙戦争

大好きなスピルバーグ監督の「宇宙戦争」、すごく楽しみに行きました。
スピルバーグとトム・クルーズ・・ちょっと今までのイメージと違うのでワクワク!トムのミッションインポッシブルで見せたような派手なアクションで宇宙からの侵略者と戦うのかと思いきや。。

utyuusennsou-1.jpg

ひたすらかわいい娘を抱っこして逃げます逃げます!!


地球上では世界一を誇る米国の戦闘機関もまったく役に立たず。。。
あれれ??と思いながらどこかできっとトム様が大暴れするに違いないと固く信じてポップコーンを口に運ぶ私でした。。
全編を通して、驚愕の表情に圧倒されたダコタ姫!!
utyuusennsou-4-onnnanoko.jpg

ねぇ。すごいでしょ。
このはっきりくっきりとした目の形、色・・まるでお人形のよう。。

結末は、ネタバレになっちゃうので書けませんが、ちょっとスピルバーグの構想にはトム様でなくても良かったような。。。なんか、これまでの役が観てる私たちから抜け切れず、あれぇ?なんでぇ?という「?????」の展開に。。
しかし、最後はあっぱれバクテリア♪(これはきっと最後まで観なきゃわからないでしょうね。・・映画館に入って途中退場の人はまぁいないけどね。。爆)

とにかく最後まで印象的だったダコタちゃんのお目目は素晴らし〜〜い。

utyuusennsou-5-onnnanoko.jpg
完璧にトム様・・負けてますっ!!!



posted by hito at 01:08| 熊本 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。