E・Eカミングス,*ちょこ百花繚乱*" />

2005年11月19日

かわいいE・Eカミングス

「In Her Shoes」の映画にも出てくるアメリカの大詩人 e. e. cummings(Edward Estlin Cummings/e・e・カミングス 1894-1962)の詩を紹介します。
すごく切ない・・けれども力強くもある詩です。繰り返して読むと涙が出そうになるでしょう?

cummings2.jpg
Edward Estlin Cummings (1894 - 1962)



e.e. cummings - i carry your heart with me
e.e.cummings--あなたの心と共に 私の心を重ねて

i carry your heart with me(i carry it in my heart)
あなたの心と共に 私の心を重ねて

i am never without it
決して離れることなく
(anywhere i go you go,my dear;
私が行く所 あなたも共に
and whatever is done by only me is your doing,my darling)
私のすることはあなたのすること いとしい人

i fear no fate
運命など恐れない 
(for you are my fate,my sweet)
あなたが私の運命だから


i want no world
世界など欲しくない 
(for beautiful you are my world,my true)
あなたが私の美しい世界だから

and it's you are whatever a moon has always meant
and whatever a sun will always sing is you
here is the deepest secret nobody knows
誰も知らない深淵なる秘密 
起源の中の起源 未来の中の未来

(here is the root of the root and the bud of the bud
and the sky of the sky of a tree called life
大空に育ちゆく人生という木 魂の飛翔 

;which grows higher than the soul can hope or mind can hide)
理性の畏れより早く枝を延ばす

and this is the wonder that's keeping the stars apart
空に星がきらめく神秘のように

i carry your heart(i carry it in my heart)
あなたの心と共に 私の心を重ねて…




inn.jpg
「In Her Shoes」


posted by hito at 08:00| 熊本 | Comment(15) | TrackBack(4) | ■hitoのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hitoは、アメリカで広い深淵と、起源未来などをカミングスすればよかった?


Posted by BlogPetのちょこっこ at 2005年11月19日 13:12
ぶはは。。。
ちょこっこちゃんも、だんだんと詩人になってきたねぇ。
Posted by hito at 2005年11月19日 23:21
はじめまして。エリザベスタウンへのコメントありがとうございました。

In Her Shoesは、今私の一番見たい映画です。見たらコメントしに来ますね。

是非またこちらへもおたちより下さい^^
Posted by lax at 2005年11月21日 00:44
>>lax さん

こちらこそ、仲良くしてくださいね。

In Her Shoes は、お勧めの作品です!!ぜひぜひ、またコメントお願いします!!

楽しみにしてます♪
Posted by hito at 2005年11月21日 01:09
カミングスの詩とてもよかったです。あの愛嬌満点のワンちゃんは何という犬種でしょうか?
Posted by at 2005年11月23日 13:09
突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。トラックバックさせていただきましたので、投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2005年12月29日 13:03
e.e.カミングスについて調べたくて、検索してお邪魔しました。我が家にも犬がいます。(チワワとダックスです。)またお邪魔します。
Posted by ちいこっつ at 2006年05月04日 18:53
>>ちいこっつさん

足あと残してくださってありがとう!
また、遊びに来てくださいね。

チワワちゃんとダックスちゃんのお写真もまってますよー。
Posted by hito at 2006年05月05日 00:00
はじめまして,りゅうっていいます。今DVDで『in her shoes』観ました。たまらないでっすvvあたしもカミングスの詩から検索してきました♪そこでちょっと質問なんですが…あの詩が入った詩集のタイトルなんて分からないですよねぇ。。。あまりに心に響くんで是非詩集で欲しいと思ったんです。些細なことでもいいので情報があったらよろしくお願いします。
Posted by りゅう at 2006年05月10日 00:11
>>りゅうさんへ

カミングスのこの詩・・すっごく素敵でしたよねぇ!!!
私もとても好きです!!!

これは、わたしのつたない訳ですが、ほんとうに、胸に深く深く沁みてくる詩ですよね。

詩集は、書店の海外詩のコーナーにあると思いますよ!
カミングス詩集 藤富保男・訳編1997.6.20初版思潮社 1300円 
探してみてくださいね!!

また、感想など教えてくださいね。楽しみに待ってます。
Posted by htio at 2006年05月10日 01:44
はじめまして。私も遅ればせながらDVDで「in her shoes」を見てここに辿り着きました。
はじめは、あまりピンとこなかったのですが、マギーが詩集を読んでいるところなど繰り返し聞き返し見てました。で、最後のサプライズで号泣してしまいました。自分に置き換えてもう一度詩集読みたいなと思っています。
Posted by judy at 2006年06月08日 09:59
>>judyさん

コメント、ありがとうございます。
とてもいい映画ですよね!!!
見終わっても、時間が経てばたつほど、胸にじーーんと残る映画です。

女性として、いろいろ考えさせられるところもありますし。
カミングスの詩がすごくいいですよね。

詩集を読まれたら、ぜひ感想を教えてくださいね。お待ちしてます!!
Posted by hito at 2006年06月08日 11:25
私も映画を見てこの詩を知りました。
大好きですvv何回読んでも涙が出ます。
Posted by うなぎ at 2006年08月09日 23:37
そうですよねーーー。

すっごく壮大な「愛」を感じますよね。
Posted by hito at 2006年08月10日 02:19
私も、インハ-シューズを見て、e.e.カミングスの詩に感動させられました。詩集がないか探していたので、よかったです。早く読みたい!
Posted by そら at 2009年01月04日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9515032

この記事へのトラックバック

イン・ハー・シューズ その2
Excerpt: 前回、見逃しところがあったので。。。すごく気になってしまって。 DVD出てから確認すれば・・の声もあったのですが。 鉄は熱いうちにうてっという私の信条に従って・・ 2回目のイン・ハー・シューズを見て来..
Weblog: 顔晴れウーマン
Tracked: 2005-11-21 11:38

映画館「イン・ハー・シューズ」
Excerpt: なんか、久しぶりに感情移入して見ることの出来た作品でした。というのも、私には姉が1人いて2人姉妹だからなのかもしれません。 弁護士で外見的にコンプレックスを持つ姉ローズ(トニー・コレット)と難読..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-11-22 16:31

日本インターネット映画大賞
Excerpt:  映画ファンの皆様、毎年恒例の日本インターネット映画大賞(旧称:ニフティ映画大賞
Weblog: 日本インターネット映画大賞 in ブログ
Tracked: 2005-12-25 22:09

イン・ハー・シューズ
Excerpt: イン・ハー・シューズ(2005 アメリカ) 20世紀FOX配給 131分 監督 カーティス・ハンソン 出演 キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイ..
Weblog: mono-log
Tracked: 2006-07-22 21:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。