2005年09月30日

映画 セブンソード

 映画 「セブンソード」 を観てきましたぁ。

 好き嫌いの分かれる作品かも。。
なぜなら、3人で観に行ったんだけど、二人は「つまんないね。。」と言っていました。私は、★4つ・・この評価でわかるように、とっても面白かったと思ったんですが。。。
「感動したね」と言うと二人に「はぁ!?」と。。

sebunso-do.jpg


 確かにストーリーに無理はたくさんあったかもしれない。
いきなり、なんでこの二人が、研ぎ澄まされた訓練なしに、7人のうちの二人に加われるわけ?狼に育てられた?なんで、そこにいるの?みたいな「???」が多くありました。説明が簡単でそれもずいぶんあとから出てくるので、余計そう感じたかも。

 しかし、その説明不足をぶっ飛ばすほどの映像の美しさと中国ならではの歴史の重み、武道の奥の深さを感じることができる作品だったと思います。

 とくに、このあいだ、上海で、中国雑技を目の前で見てきたせいもあるのかもしれないなぁ。中国って神秘的だし、人間技ではない離れ技のすごさは筆舌しがたいものがありますよねっ!!
posted by hito at 10:00| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。