ペットケア,*ちょこ百花繚乱*" />

2005年09月28日

かわいいペットケア

09-28-1.jpg

家庭で出来るペットケアの講習会に行ってきました。
ちょこは、ヒート中なのでお留守番でした。

家族の一員であるワンニャンも、人間と同じように慢性疾患やストレス疾患に悩まされている子が多いらしいです。そんな子達のストレスを解消するためにリンパマッサージでリンパの流れを促進する方法を学習しました。
予防医学健康美協会のサイモスセラピー健康法です。

毎年熊本でペットの講演をしてくださる宮野のり子先生の指摘するペットケアのポイントは

「背中、足の裏、腹部、頭部(耳)」

です。犬の大きさ、種類などにかかわらず、この4点は日常的にケアしていくことで、ペットに対する予防医学が誰でも実践することができます。

ペットケアの技術はホームケアレベルであっても理論的な背景があります。サイモスセラピー理論と経絡の理論です。鉱物から放射される低線量の放射線による細胞活性、リンパケアトリートメントによる老廃物の排泄、経絡理論にのっとった各個体の身体状態による部分的なケア。これらの理論を組み合わせた技術を宮野のり子先生の指導により、家庭でだれでもできるようになります。

「言葉の話せないペットと一生つきあうために、正しいコミュニケーション方法を通じておこなうサイモスケアで伴侶としてペットと暮らしましょう。」


09-28-2.jpg

こんな学習の場を与えてくださる、増子女史アンジェラママ、「カフェ・ド・なな」さん、いつも本当にありがとうございます♪ペコリ(o_ _)o))
posted by hito at 23:39| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ちょこの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。