2006年03月12日

◆ペットの痛みのケア◆

「大切な家族にしてあげられること」

東京の 『動物病院NORIKO』
        獣医師 花田道子先生

の講演会行って、学習してきました。

写真は、カメラを忘れたので、携帯の画像です。。やっぱり写りが悪いですねぇ。。

0312-2.jpg


左が花田先生です。
手に、柿の葉のお灸を持って治療中です。


0312-1.jpg


なんと、ちょこはまた今日も、花田先生直々に
リンパマッサージを施術していただきました。

犬 うっとぉぉおおおりぃ〜〜〜揺れるハート




 わんにゃっぴの増子女史、アンジェラママ、いろいろお世話になりました。
ありがとうございました♪

 なんと、めんこさんにも初めてお会いできました黒ハート
クイズの商品だった、わんこの足マークのキーホルダー、Bagにつけていてくださいましたハートたち(複数ハート)感激でした。
 とっても優しそうな方でした。(人見知りをするhitoですので、あまりおしゃべりできなくてごめんなさいm§_ _§m ペコリ)
今度はゆっくりおしゃべりできるといいな。

 
 そして、いつものななパッパさん、ママさん、今日も美味しいランチ、ご馳走様でした。


 さて、学習内容のUPです。
まだ、完成ではありませんので、後半は元気が出たらUPします。。



ペットの痛みのケア◆

「大切な家族にしてあげられること」


●痛みの種類
  ・違和感程度
  ・鈍痛
  ・圧痛
  ・激痛

●痛みの原因
  ・遺伝的なもの:股関節形成不全など
  ・後天的なもの:感染、腫瘍など
  ・加齢性のもの:各部関節痛

  ・外因性のもの:外傷、打撲、骨折
  ・内因性のもの:内臓、関節、および神経疾患

●痛みのサイン
  ・いつもと違う
    食欲不振
    元気消失
    ハウスから出ない
    じゃれない、遊ばない
    眼に力がない
    お散歩に行きたがらない

  ・触ったとき
    熱っぽい:全身または一部分
    触られるのを嫌う
    力が入る、緊張する
    持ち上げるときに泣き声をあげる
    触れた手に噛み付こうとする

  ・行動の異常
    震えていて不安な様相
    落ち着かずくんくん鼻を鳴らす
    同じところを行ったりきたりする ←急性膀胱炎
    寝る前にひっきりなしに姿勢を変える ←慢性膀胱炎
    高いところへ飛び上がれない
    階段の昇り降りをためらう、または出来ない

  ・歩行の異常
    はこうまたは地につけない肢がある
    まっすぐに歩けずよろける
    すぐにしゃがむ
    
  ・姿勢の異常
    背湾姿勢(背中を丸めている)
    首またはシッポがさがったまま

●痛みを伴う疾患
  * 腹痛を伴うもの 
     膀胱 
     胃炎、胃内異物、胃潰瘍
     腸炎、腸重責
     肝炎(犬伝染性肝炎、レプトスピラ症)
     腎炎
     膀胱炎

  * 骨おやおび関節痛
     幼犬〜若令犬:股関節形成不全、骨軟骨症など
     成犬〜老犬 :変形性脊椎症、変形性骨関節症など
     年齢に無関係:椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼など

●検査

  第一段階
   ・血液検査
     炎症の有無
     腫瘍性細胞の有無

   ・血清検査
     臓器別血清酵素の値から予測
     腫瘍マーカー、ウィルスチェック

   ・尿検査
     尿沈さ中の結晶、異常細胞の有無

  第二段階
   ・レントゲン検査、造影レントゲン検査
   ・超音波検査
   ・MRI検査
   ・CT検査  (注:人間と違いすべて全麻)

●痛みの原因がわかったら

  @まず和らげる方法を考える
   ・肥満動物 :体重を減らす工夫
   ・運動制限 :ケージレスト
   ・負担の軽減:段差をなくす
   ・冷シップまたは温シップ
     直後なら冷シップ  時間が経てば 温シップ
   
  A化学的療法
   ・鎮痛剤
   ・消炎剤

  B理学的療法
   ・鍼治療
   ・お灸
   ・レーザー治療
   ・マッサージ

    
  Cサプリメント
     核酸
      DNA+RNA たんぱく質を合成
      細胞分裂や新陳代謝の促進
      血行を良くし血管をも丈夫にする
      損傷部位の修復を促進
      活性酸素の除去、老化の防止
      脳、神経の働きの活性化
      免疫の増強または正常化

     不飽和脂肪酸
      抗炎症作用
      N−9系:オレイン酸(オリーブ油など)
      N−6系:リノール酸、γーリノレン酸、アラキドン酸
      N−3系:α‐リノレン酸、EPA,DHA

     コンドロイチン硫酸

   
     グルコサミン

    
     ビタミン


     ミネラル


     メシマコブ


     
●食餌ガイド

  椎間板ヘルニア
     ・核酸
     ・ムコ多糖類
     ・カルシウム
     ・マンガン
     ・EPA,DHA
     ・ビタミンA,B群、Cを含む野菜、肉、魚、穀類
     

posted by hito at 23:00| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ちょこの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14729949

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。