2006年02月05日

『ミュンヘン』

お勧め度 ★★★☆☆

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:エリック・バナ
    ダニエル・クレイグ
    キアラン・ハインズ
    マチュー・カソヴィッツ
    ハンス・ジシュラー
 
 
 
 スピルバーグが、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、事件に関わった人々のコメントや、史実に基づいて映画化した衝撃の問題作。平和の祭典で起こった衝撃の事件を物語の導入に据え、国の決断で報復を命じられたイスラエル工作員の葛藤と紛争がもたらす悲劇を描き出す。『プライベート・ライアン』『シンドラーのリスト』のスピルバーグ作品に連なる、歴史の裏に隠された真実に迫り真の平和を世界に問う感動超大作だ!歴史の裏に隠された真実に迫る衝撃作。ミュンヘン・オリンピックで実際に起きたテロ事件をもとに、暗殺を命じられたイスラエルのメンバーたちの苦悩を緊迫感溢れる映像で映し出す。(ミュンヘン関連記事より)

myunhen.jpg


 この映画は、池袋の映画館での鑑賞でした。
なんと、この映画館!東京と言うのに、超レトロ!!!観に来てる人たちからも、
すっげぇ〜〜〜〜古っ!!!!

という、失笑にも似た声があちこちから。。

0211-1.jpg

すごいでしょ〜〜〜(笑)


館内のアップもお見せします。

0211-2.jpg

いまどき、客席がスロープになってなくて平ら!!なんですあせあせ(飛び散る汗)
ある意味、感動でもありました。
それに、始まる前に、スピーカーを持ったお兄さんが

「もうすぐ映画が始まります。携帯電話・・・(諸注意事項云々)」

あちこちから、また笑いが。。。爆

しかも、ブルーのスモッグみたいな制服で。。。きゃはは。。
ここは、昭和何年??って質問したくなりますよ。
ぜひ、一度足を運んでみてーー。


 映画の内容は重い作品でした。。
でも、私にとっては、ちょっと違った意味でいろいろと思い出となる映画となりました。。。
付き合ってくれたKちゃん、ありがとう黒ハート

posted by hito at 23:59| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13165245

この記事へのトラックバック

ミュンヘン
Excerpt: 先週見損ねた「ミュンヘン」見ました~秊 いや~重たい映画だったです殮 面白くないってことじゃないからね。 3時間弱だったけど。トイレにもたたずに見入ってい..
Weblog: ちわわぱらだいす
Tracked: 2006-02-17 22:18

映画「ミュンヘン」
Excerpt: 原題:MUNICH 1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックでのパレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー"による人質事件、そして報復の暗殺の物語が綴られる・・。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-02-19 18:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。