2006年01月11日

男たちの大和/YAMATO

yamato.jpg

お勧め度 ★★★★☆

監督 佐藤純彌
原作 辺見じゅん
出演 反町隆史
    中村獅童
    鈴木京香
    松山ケンイチ
    渡辺大


 最近の邦画では、かなりの熱の入れ方でしたよねーー。予告から、(絶対観るゾォ〜)と決めていました。なんと、今回は「映画はあまり・・」という母を強引に誘っての鑑賞です。鑑賞後の母の一言「良かったねぇ〜〜〜」 そうです!この感想に尽きます!主題歌は長渕剛が情感こめて歌い上げ、母は、彼の歌にもいたく感動しきり。中村獅童のファンでもあった母は、行く前のしぶしぶと違って大満足で映画館をあとにしました。(ほっと安堵したのはいうまでもありません)

 世界最大最強の戦艦と謳われながらも、さしたる活躍の場を与えられず約3,000名の命とともに東シナ海に散った戦艦大和。この大和の真実を綴った辺見じゅんのドキュメントを、『人間の証明』の佐藤純彌監督が総制作費25億円という壮大なスケールで映画化されたそうです。セットはなんと約6億円!!原寸大で再現された全長190メートルもの巨大セットは想像を超えた迫力でした。監督・脚本は『人間の証明』の日本映画界の巨匠・佐藤純彌さんです。『人間の証明』好きでした〜〜。
posted by hito at 15:59| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「男たちの大和 YAMATO」
Excerpt: 尾道で戦艦大和の映画用セットを原寸大(艦首から190mまで)で作成しているというニュースは随分前から流れていたので興味があった。 物語は戦後60年、ちょうど大和が沈んだその海のその日..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-02-19 18:53

もう会えない君を、守る。「男たちの大和/YAMATO」
Excerpt:
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2011-08-15 00:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。