2006年06月21日

猛烈ジャイアンツファン

 我が家の北側の家に、猛烈ジャイアンツファンのおじさまがいらっしゃいます。半端では、ないので、ちょっとここで、書かせていただこうと思います。
 
 我が家の北側ということは、お隣さんにとっては、南側に我が家があるということですよね。当然、お隣さんのリビングは、南側、つまり我が家に面した位置にあるわけです。なので、意識して、彼の行動をチェックするつもりはないのですが、大声がすると否が応でもこの季節、窓が開いていますので、みんな聞こえちゃうんです。
 
 前置きとして、彼は、今、シングルです。彼女が5年前に他界されたからです。彼は、70歳くらい。。彼女はしっかりした方でした。彼は、おとなしく、「尻に敷かれた夫」と言う感じでした。
そんな、彼が彼女を失ってから、さぞかし落胆されるだろうと心配した私でした。

 ところが、彼女没後、ソファが搬入され、スカパーのアンテナが立ち、車が新車に変わり、駐車場も整備され・・もしかして再婚??と思ってしまうくらいたくさんの新しいことがおきました。

 
 しかし、どうやら、お一人でのんびりお暮らしのようです。
よく、「男やもめにゃうじがわく、女やもめにゃ花が咲く」と言われますが、なんの!なんの!彼は、とっても家事労働が完璧で、お洗濯、お布団干し、お庭のお掃除、廊下磨き、窓拭き・・・すっごいまめなんです。

 
 
 昨日も、我が家をつんざくほどの、悲鳴が聞こえました。

 (また、ジャイアンツにピンチか???)

 ・・そうなんです!!
ソファが入り、屋根にアンテナがあがった日から、この狂喜乱舞が始まりました。それが、ジャイアンツ戦だと判明するまでにそんなに時間はかかりませんでした。それまでは、テーブルをどうやら叩いてらっしゃったようですが、昨日は、太鼓がついに導入されました!

 悲鳴と、太鼓。。ときたま、「バカヤローー」の怒声。。。
私も野球が嫌いではありませんし、ジャイアンツファンですが、彼がヒートアップするにつれ、私はだんだんTVも見なくなりました。
だって、観なくても、そばで実況中継がなされるんですもの(笑

 一人暮らしの老人・・いえ今は、初老というんでしょうか?
こんな楽しい一人暮らしなら、まんざら悪くもないなぁと思いませんか?
何かに熱中できるのは、体力気力がないと出来ません。

 私も、彼のような年齢を重ねたいなぁと、毎日思わせられるジャイアンツ戦です。

 今後、彼はどのうような展開を見せて(いやいや・・聞かせて)くれるのでしょう。楽しみです〜。



posted by hito at 10:53| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ■hitoのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。