2006年04月14日

映画 『シリアナ』

siriana.jpg

お勧め度★★★☆☆

監督:スティーヴン・ギャガン
出演:ジョージ・クルーニー
    マット・デイモン
    アマンダ・ピート
    ミシェル・モナハン
 
  なかなか、すごい裏社会の様子を垣間見た気がしました。。。”世界で最も恐ろしいタブー解禁”と宣伝されてました。。こういう話はよく聞きますが、本当にあるとしたら、とても怖いことです。 映画を観ながら、なんだか、ニュース映像や、ドキュメントを観ているようでした。

  『石油』とは、すごい魔物だと痛感します。監督のギャガンも、「石油とは世界が依存するコカインのようだ」と語っています。何をするにも今の時代、この石油は必要なのです。この文明社会を支えているものは「石油」だといっても過言ではありませんものね。
 
 個人的には、遠い世界のことですが、実際私達の生活にも関わっているこの石油の話だったので、すごく緊迫感を感じながら観ました。人間の欲(お金、文明生活)に踏みつけられる後進国の人々の辛さも同時に描き出され、世界の片隅でこうしてテロリストが生まれてしまうんだな・・と本当に怖かったです。。

  業界最高の盗難防止用コンピュータシステムをデザインし、キャリアと名声を築いてきた銀行のセキュリティシステム専門家ジャック(ハリソン・フォード)。しかし、冷酷な強盗コックス(ポール・ベタニー)に愛する家族を人質にとられ、自分の作り出したシステムを自ら破り、1億ドルを強奪するよう脅迫される。
posted by hito at 17:56| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。