2006年01月28日

『スタンドアップ』

standup.jpg

お勧め度 ★★★★★

監督:ニキ・カーロ
出演:シャーリーズ・セロン
   フランシス・マクドーマンド
   ショーン・ビーン
   リチャード・ジェンキンス
   ジェレミー・レナー


 
 女性として、さらに人間としての尊厳を勝ち取った実話に基づく感動作です。涙なしには観れません!!
前半から、すでに号泣のわたしでした。。胸に迫ってくる・・じわじわとこみ上げてくる感動はなんと表現すればいいのでしょう。適切な言葉がみつかりません。とにかく、おすすめの一本です!!

 ★R-15の指定ですが、子どもにも見せたい作品でした。

 
 人種も男女も平等だと思っていた国アメリカで、こんな男女差別があってたなんてちょっと驚きでした。シングルマザーへの世間の厳しいの目、父親の目。耐える母。男性社会の中での女性に対するセクシャルハラスメント。。。私の抱いていたアメリカのイメージと大きく違う問題がどんどん展開されていきます。これらの問題が、素晴らしい俳優陣の演技力で強烈に訴えてくる映画でした。


 鉱山労働という男性社会の中で立ち上がっていく姿を、アカデミー賞女優のシャーリーズ・セロンが、とってもかわいいお顔で入魂の演技で披露しています。。また、オスカー女優のフランシス・マクドーマンド、シシー・スペイセク。堅物な父親を演じるリチャード・ジェンキンズも、深い味を出し、無骨な娘への愛情を示すシーンでは嗚咽しそうなくらい号泣でした。。







posted by hito at 01:23| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。